農機商組合とは

うつくしま福島県の農業とともに55年

 福島県農業機械商業協同組合の歩みは、昭和29年に福島県農業機具商業協同組合、翌30年に福島県優良農機具商業協同組合が誕生し、昭和36年に合併。
 福島県農業機械商業協同組合と名称変更し昭和37年に全国農業機械商業協同組合連合会に加入いたしました。

 福島県農業は、県経済を支える基幹産業あでり、食料の安定供給をはじめ活力ある地域社会の形成や緑豊かな自然環境の保全など、多面 的かつ重要な役割を担っております。
 昨今の農業・農機業界を取巻く環境は大変厳しいものがあり、農業従事者の減少や高齢化、輸入農産物の自由化等様々な問題に直面 しております。
 このような状況を踏まえ、より効率の高い機械化と農業経営の合理化に協力できるように組合組織を強化し組合員が結束してより一層の努力を重ねてまいります。

組合の概況

名  称 : 福島県農業機械商業協同組合
代表者氏名: 代表理事 渡辺 信一
組合員数 : 72名(2017年4月現在)
郵便番号 : 960-0102
所 在 地 : 福島県福島市鎌田字卸町14-5
電話番号 : 024-553-7892
FAX番号 : 024-553-7893
ホームページ : http://www.nokisho.or.jp/
Eメール : nokisho@circus.ocn.ne.jp

目  的

 本組合は、組合員の相互扶助の精神に基づき、組合員のために必要な共同事業を行い、もって組合員の自主的な経済活動を促進し、かつ、その経済的地位 の向上を図ることを目的とする。

組合の事業

(1) 組合員の取り扱う農業機械および部分品の共同購買
(2) 組合員の取り扱う農業機械および部分品の共同販売
(3) 組合員の取り扱う農業機械および部分品の共同整備
(4) 組合員に対する事業資金の貸付け(手形の割引を含む。)および組合員のためにするその借入れ
(5) 商工組合中央金庫、中小企業金融金庫、国民生活金融公庫、銀行、信用金庫、信用協同組合に対する組合員の債務の保証またはこれらの金融機関の委託をうけてする組合員に対するその債務の取立て
(6) 組合員の経済的地位の改善のためにする団体協約の締結
(7) 組合員の事業に関する経営および技術の改善向上または組合事業に関する知識の普及を図るための教育および情報の提供
(8) 前号の事業のほか、組合員の福利厚生に関する事業
(9) 前各号の事業に附帯する事業

福島県農機商組合略図

アクセスマップ

福島県農業機械商業協同組合役員名簿

福島県農業機械公正取引協議会役員名簿

福島県中古農業機械査定士協議会役員名簿

青年部役員名簿

各委員会名簿