乗用トラクタ

~ 作業前点検(日常点検)のポイント ~

エアクリーナ

   ホコリの多いところで作業したときには、エアクリーナの汚れに注意し点検しましょう。エアクリーナは、吸入された空気に含まれている砂塵を取り除き、シリンダやピストンリングの磨耗を防ぎ、エンジンをいつも快調にする装置です。
   

バッテリ

   バッテリの上限と下限のラインの間に液があるか点検しましょう。不足している槽があれば蒸留水を上限のラインまで補給しましょう。液を入れすぎると、充電時にバッテリ液が吹き出し、トラクタの金属部を腐蝕させるので注意しましょう。
   

ラジエータ

 
(1) 冷却水の量
   ラジエータにはサブタンク(リザータンク)が付いており、ラジエータ内の冷却水が少なくなると、サブタンクから自動的に補給される構造になっています。冷却水の量はサブタンク内の水量が上限と下限の範囲にあるかを点検します。
 不足しているときは、サブタンクの給水口から清水を上限ラインまで補給しましょう。
(2) ラジエータスクリーン(防虫網)
   ラジエータフィンにワラクズやホコリが付くと、空気の流れが悪くなり、オーバーヒートの原因となります。スクリーンを取外して清掃しましょう。
   

ファンベルト

   ファンベルトの張りを点検しましょう。
 点検はベルトの中間を指で押し、ベルトのたわみが規定量(10mm前後のたわみ設定が多い)になっているかどうか、ベルトがのびているときは、ジェネレータ締め付けボルトをゆるめ、ジェネレータを移動させて張りを調整します。
 ファンベルトの張りがゆるいと、オーバーヒートや充電不足の原因となるので注意が必要です。
   

前輪タイヤ

   タイヤの取付状態を点検しましょう。
 タイヤの空気圧は、取扱説明書に記載されている規定圧力を必ず守りましょう。空気の入れすぎは、タイヤ破裂のおそれがあり死傷事故を引起こす原因になります。
   

エンジンオイル

   オイルゲージを抜いて先端をきれいにふき、差込んでから再び抜き、ゲージの上限と下限の間にオイルがあるかを調べます。不足しているときは給油口から上限ラインまで補給しましょう。
 
   

燃料

   燃料タンクは満タンか、メインスイッチをONにして、計器盤の燃料計で点検しましょう。
 燃料タンクは、毎日作業終了時に満タンにするようにしましょう。タンクの燃料残量が少ないと温度差によって水滴が発生しやすく、サビの原因になります。
   

ブレーキペダル

   ブレーキの調整が悪いと、人身事故にもつながります。常に作動状態に注意しましょう。
 ブレーキペダルを踏んで規定の遊び量かどうか、また、左右が同時に効くか点検しましょう。調整はブレーキロッドのターンバックルで行います。規定の遊び量と、その調整要領はトラクタの取扱説明書に記載されています。
 
   

後輪タイヤ

   前輪タイヤと同じ要領で、空気圧とタイヤの取扱状態を点検しましょう。

ロータリ

 
(1) 耕うん爪の取り付け状態と爪の摩耗程度を確認します。爪の取り付けボルト・ナットのゆるみを点検し、ゆるみがある場合は増締めを行いましょう。このとき爪の後ろ側とプラケットの間のスキマを無くして締め付けます。
また、爪の摩耗状態を点検し、摩耗量が約半分を超えたら交換時期です。爪が摩耗すると反転性・砕土性が悪くなり、十分な性能が発揮されません。効率の良い耕うん作業をするために、爪は早めに交換するようにしましょう。
 
(2) ロワーリンクのチェックチエンの張り状態確認はトラクタの油圧レバーを操作してロータリを地面から少し浮くまで上げ、ロータリを左右に揺すって横ぶれしているか点検しましょう。
   

クラッチペダル

    クラッチペダルを踏んで規定の遊び量かどうか点検しましょう。クラッチディスクが摩耗するとペダルの遊び量が少なくなります。遊びがなくなると、クラッチ がすべり動力の伝達ができなくなります。規定の遊び量と違う場合は、クラッチロッドのターンバックルで調整しましょう。
   

エンジンを始動してからの確認

 
(1) マフラー排気ガスの色とエンジン音の確認
  エンジンを始動したところで、排気ガス・エンジン音に異常がないか確認しましょう。
 
(2) ヘッドライト、ウインカーの作動
  エンジンを運転している状態で、ライト・ウインカーの作動を確認しましょう。
(3) 作動機昇降装置の作動確認
  作業機を上げ・下げするポジションレバーと作業機昇降スイッチの作動を確認しましょう。
 
(4) ステアリングハンドルのあそび
  ハンドルを軽く左右に動かしたときの遊び量が規定の範囲にあるか、確認しましょう。ハンドルに著しいガタや遊びがあると、走行時や作業中に思わぬ事故の原因となります。
   

その他

 
(1) オイル、燃料、冷却水の漏れがないか確認します。油漏れや水漏れがあると、トラクタを止めている場所の床にしみができます。漏れが発生している場合はすぐJA農機センターに修理を依頼しましょう。
(2) トラクタと作業機のグリスアップ(使用時間50時間毎に実施)
  ブレーキペダルシャフト、(クラッチペダルシャフト)、ステアリングタイロッド、前車軸センターピン、PTO軸のユニバーサルシャフト等にグリス注入を実施しましょう。グリスアップの時期は忘れやすいので注意しましょう。
資料提供:JA全農