自脱型コンバイン

~ 点検のポイント ~

ラジエータの冷却水量と水漏れ

   冷却水量を点検し、不足している場合は規定のレベルまで補充します。漏れについてはエンジンをアイドリング状態にしてラジエータ、ウォーターポンプなど、各部からの水漏れの有無を点検します。同時に、ホースに亀裂や膨張などが発生していないかも点検します。
   

燃料の補給

   水滴発生を防ぎ、サビを防止するためにも格納時は常に満タンにしましょう。
   

ラジエータ防塵フィルタ

   圧縮空気や水道水などできれいに清掃します。
   

エアクリーナ

   エアクリーナのエレメントを取り外し、軽く叩いてホコリを落とすか、エレメント内部から圧縮空気を吹き付けて落とします。
   

ファンベルトの張り点検

   ベルトの中間を規定の力で押したときのたわみ量を測り、規定値と異なっている場合は図のボルトをゆるめて調整します。
   

エンジンオイル量と汚れ

   オイル量、汚れ、漏れについて点検します。なお、量が増えている場合は、水や燃料の混入が考えられるので、JA農機センターに連絡を。
   

刈刃

   刃が欠けたり、刈刃と受刃の隙間が広くなっているものはありませんか。隙間が広いと切れ味が悪く、稲が詰まりやすくなり、能率が下がります。
   

バッテリ

   電解液が上限と下限の間にあるか点検しましょう。不足しているときは、バッテリ補充液あるいは、蒸留水を補充しましょう。
       

引き起こしチェン

   チェーン中央のたわみを規定量になるように調整します。張り方は型式によって異なりますので確認して下さい。

フィールド

  ・排ワラチェンの張り(例)  
       

各部への注油

  集中注油装置で注油します。脱穀部のフィードチェンやワラ押さえ台(きょうやく台)への注油は集中注油はできないのでオイルさしで注油して下さい。

扱刃とワラ切刃

  扱刃が曲がっていないか、磨耗していないか、また、ワラ切刃の切れ味は良いかを点検します。
       

排ワラカッタ

   磨耗の程度や亀裂の有無を確認しましょう。ただし、カッタは負傷事故が多く発生する部位です。研磨・交換は最寄りのJA農機センターに依頼しましょう。
資料提供:JA全農